女性のたしなみ?デリケートゾーン脱毛のすすめ

デリケートゾーンを脱毛するメリット

デリケートゾーンは普段表面に出る部位ではないにもかかわらず、近年非常に人気がある脱毛部位です。たまにデリケートゾーンの脱毛は下着や水着を余裕に着こなす為なので自分には関係ないと考える人がいますが、メリットは他にもあります。そのメリットとは匂いや黒ずみ、蒸れ、そして生理の時の衛生面の改善です。こうした衛生面、見た目共に優れた効果があるので、最近ではデリケートゾーンの脱毛の事をエチケット脱毛と言う人や媒体も多いです。

V、I、Оの種類と特徴

デリケートゾーンの脱毛はV、I、Оの3種類があります。まずvとはいわゆるビキニラインの事で、正面から見た時の陰毛を指します。Iは陰部の両サイドの事を言い、Оは肛門周りを言います。下着や水着になる前等で長さを整えるだけの時等であれば、Vは比較的自分で処理しやすい部位です。しかし脱毛となるとかぶれの心配があるのでプロに任せるべきです。またI、Оは匂い、蒸れの改善に効果的な部位ですが、自分では難しいのでやはりプロに任せるべき所です。

V、I、Оに医療レーザーが適している理由

V、I、Оを完全に脱毛するまでには、個人差がありますが大体医療レーザーで7~9回、エステで25~30回と言われています。なぜエステと医療レーザーでここまでの差があるのかと言うと、単純にレーザーの強さが強いからです。しかし強いレーザーだけに痛みを伴いやすいのが医療レーザーのデメリットですが、最近の脱毛器は良質な物が増えたので多くの人が耐えられる範囲にはなっています。またコスパが良いのも医療レーザーの方なので、痛みに耐性があるなら医療レーザーの方がおすすめです。

VIOライン脱毛はデリケートゾーンであるためプロや医師に任せましょう。整える程度にするのかツルツルにするのか、しっかり決めましょう。